« 2024年支援書のサイン会 その4 | トップページ | グアテマラの子どもたちを訪ねる旅のスケジュールにつきまして。 »

2024年5月27日 (月)

2024年約束書のサイン会 その3

今回はサンホセチャカヤ小学校へ。
前回、同じエリアにあるラスミナス 小学校へ行った際に、

日本的感覚の時間で移動し、待ち合わせ時間に大幅に遅れてしまったため、今回はかなり早めに学校へ向かいました。

 

待ち合わせ時間より早めに着いたのです、
保護者の方たちが待っていてくれました。

 

Img_1423

 

エスビア校長先生が、保護者へ挨拶&支援に関しての説明をしてくれています。


その後私も挨拶。
今年は保護者の前でよく挨拶をします。

思えば、コロナウイルスが始まった2000年から数年は、みんなで集まってのサイン会をしていなかったので、久々の感覚です。

 

「支援者の方は、地球の反対側に住んでいますが、
皆さんと同じように支援する子ども達のことを想っています。
成長を楽しみにしているのです」

 

そんなお話をします。

 

前に並ぶ保護者のママたちの顔を見ながら・・・。
目があうと、嬉しそう恥ずかしそうに微笑んでくれるママたち。
そしてそこにあふてくる柔らかい空気。


この空気が、ご支援くださっているみなさんへ届けばいいなと想うのです。

私たちは、発足当時から日本で支援してくださっている方と、
グアテマラの子どもたちの橋渡しができたら。という想いでいます。



Img_1427

 

サインをしてくれる保護者(左)と、エスビア校長先生(右)

ソロラの言葉カクチケル語を話す人たちには、その言葉で話してくれます。
字をか書かない保護者たちには拇印してもらいます。

 

 

Img_1380

 

サンホセチャカヤ小学校の最初の支援は、リュックを。

日本のランドセルにあたるリュック。
教科書、ノートなどを入れて毎日持ち歩くため、1年でくたくた。

破けていたり、ポケットが避けていたり、チャックが閉まらなかったり、というリュックを持っている子をよく見かけます。


青い空の会では2〜3年に1度リュックを贈っています。
支援する子どもの保護者たちが、市場などで買うより、少し高めで丈夫なものを購入しているため長持ちするのです。

 

保護者のサイン会、子どもの写真撮影、その後にリュックを手渡しました。
受け取ったリュックを嬉しそうに抱え走っていく子どもたち。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

|

« 2024年支援書のサイン会 その4 | トップページ | グアテマラの子どもたちを訪ねる旅のスケジュールにつきまして。 »

ソロラでの活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2024年支援書のサイン会 その4 | トップページ | グアテマラの子どもたちを訪ねる旅のスケジュールにつきまして。 »