ソロラでの活動報告

2017年11月16日 (木)

子どもたちからのお手紙♪

毎年子どもたちから里親さんへのお手紙。
グアテマラから届いています。


P1100676


みんなそれぞれ。
想いのこもった絵&メッセージ。

いつかグアテマラの子どもたちの絵を
たくさん展示して皆さんに見ていただきたいheart04

と思っています。


子どもたちのメッセージのスペイン語を日本語に訳し、
(其のままの方もいらっしゃいます♪)
子どもの写真と一緒に発送させていただきます。

もう少しお待ちください。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

学校も無事終了です

2017年度の学校もひとまず終わり、来年1月中旬までグアテマラの小学校はバケーションに入ります。


Dsc_0381


トウモロコシやインゲン豆、

コーヒーの収穫など。

農作業もたくさんあり、
ゆっくりしていられない子どもたちですが、

クリスマスや新年。
少しでも楽しんでくれますように。

願っています。


皆様のご支援感謝いたします。
ありがとうございました。




| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

とても嬉しかったこと♪

学校回りの合間、
のどが渇いて何か買おうと立ち寄ったお店で、
応対してくれた女の子に、

「あなたはMITSUYO?」

と問いかけられました。


どこかで見たことがあるけれど、
誰だったかなぁと思いながら眺めていると、

「私はあなたたちに支援してもらったのよ」
「商業高校を出て会計士の資格を取ったの。」


サンイシドロ小学校の卒業生だったのです。
その後頑張って勉強を続け、高校を卒業し、
資格も取ったそう。


彼女のキリリとした笑顔を見て
嬉しくなりました heart04


Photo


ソロラにあるアティトラン湖。グアテマラが誇る美しい湖。



毎年学校をやめてしまう子どもたちがいる。

勉強を続けてもらうために支援をしているのに、
役に立っているのだろうか。


支援していただく方に申し訳なくて
自分たちの力不足に、
マイナスを見てしまうことも
多い支援活動。


そんな時に出合った彼女の笑顔が、
心を照らしてくれました。


今の彼女の素敵な笑顔 shine
の小さな力になれたことを誇りに思えました。


ソロラの日常の出来事からのご報告でした。

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

お手紙書いています♪

里子ちゃんたちから、
ご支援くださる皆さまへのお手紙。

グアテマラの年度末に書き&描き、
送らせていただくことになっています。

今年も傑作が出来上がりました。

P1100323

ヌエバエスペランサ小学校。

お願いしておいた手紙を受け取りに行くと、
まだ出していない子たちが。

(手紙を受け取る+写真を撮る。
ために一校当たり3~5回は行きます。
日本だったら一度で終わるだろうことも終わりません。)


校長先生に呼ばれ、
校長室でお絵かき中!


P1100335

素敵に仕上がりました shine


グアテマラから日本へ。
そしてその後ご支援くださっている皆さまへ。
お届けします。

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

お手紙&プレゼント届けています♪

日本のご支援者の方からお預かりした
お手紙やプレゼント
子どもたちへ渡しています。


日本からの心のこもった贈り物 heart04
ありがとうございます。

子どもたちの恥ずかしそうな、
嬉しそうな顔。

しっかり届けています。
(ご紹介する写真は一部です)


W_2

今年6年生。最後のお手紙♪

W_3

いつもこわばっていたけれど、
この頃笑顔に♪

2w

お世話になっている校長先生も一緒に♪

スペイン語で書いてくださる方はそのまま♪
日本語で書いていただければスペイン語に訳して渡します♪


グアテマラの郵便事情が戻らず
現在も機能していない状況です。

そのためDHLなどの国際宅急便でご送付いただく、
または、メールでメッセージいただければ印字し渡します。

大きすぎない物であれば、
白石がグアテマラと日本を行き来する際持参します。
日本の事務所へご送付ください。
(渡せるのは、来年になります)

続きを読む "お手紙&プレゼント届けています♪"

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

こんなものプレゼントしました♪

10月はじめには学校も終わるため、
子どもたちの最後のプレゼント渡しています。


通常文具や制服などを購入しているのですが、
学校によっては遠足代にする場合もあり、
その遠足に行かなかった子どもたちに
それ相当の贈り物を。

学校全体で同じように使ってくれるところもあるため、
その場合はみんなに同じものを♪



P1100303


モンテメルセデス小学校の子どもたちに買った、
お弁当入れを、お店の人が厚意で
豪華に包んでくれました。

子ども達の嬉しそうだったこと heart04


その後学校へ行ったら
さっそく使ってくれてました。


P1100356


見てみてと走って来てくれたBちゃん。


お弁当バックの中からは、洋服が出てきました!
その子に会った使い方をしてくれるのが一番。


これはこんな風に使う
とこだわっているのは私たちで、
必要な方法で使ってもらえるのが
一番なんだ。

と嬉しそうなBちゃんを見ながら
思ったのです。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

子どもたちへ購入しています

ソロラのお祭りに向けて、
ユニフォームを新調する学校があったり。

パレードに着る制服がないので
購入したり。


P1100099


P1100371


パレードにはく靴がないので
と、頼まれたり。

P1100102


P1100104


寒くなるのでカーディガンが欲しい子がいたり。

できれば、その子にあう可愛らしいものを渡したいので、
探し求めて、ウロウロ・・・・。


学校によって買うものが違い、
子どもごとに予算も違うので,
ここ2週間バタバタの毎日でした。


日本のように大きなショッピングセンターで全部そろえるのはむずかしく、
低予算の場所は市場で買うことになるのですが、
市の日はスリも多く・・・。

といろいろあります。


ほぼ無事に渡し終え、
晴れ舞台を待つのみです♪

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

学校訪問中♪

ソロラは今お祭り前の楽しい時。
子どもたちは、お祭りのメインイベントの
パレードに向け練習に励む毎日です♪

その時新調する
制服や、ユニフォームの購入のことで
毎日、それぞれの学校を訪ねています。


学校での一コマ・・・。


P1100141


校長室にある図書コーナーで
本を読む子どもたち♪

以前こちらでも書かせていただきましたが、
NGOの寄付で学校に本が配られ、
校長室などに置かれています。

休み時間は自由に読みに着ていいそうで、
この時も来ていました。


P1100144


声を出して、真剣に本を読む子。
にっこりしながら楽しそうでした。


自分の本など持っておらず、
学校でも本を読む機会の少ない子どもたち。
貴重な機会なのだと思います。


読むことで学習能力も高まり、
世界が広がり、
感受性も育つ。


日本では当たり前にされていることも、
こちらではまだまだ始まったばかり。
ということがたくさんあります。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

グアテマラ日本人学校との交流

日本人学校の子どもさんと先生方が、
修学旅行の一環として、「青い空の会」が支援をする
ソロラの学校を訪ねてくださいました。


はじめての試みなのですが、
昨年度先生方が下見に来てくださった際、
興味を持ってくださったラスミナス小学校へ。


Dsc_0332

戸田校長先生のご挨拶♪

スペイン語で話して下さったので、
子ども達真剣に聞いています!

はじめてのことにドキドキしながらも興味深々です。


Dsc_0359

生徒さんたちとの交流。

日本語の説明。
子どもたちの名前をスペイン語から日本語に。
それを名札にしてくれました。

子どもたちの胸についているのが
その名札です。


その後日本の食生活の説明、

お箸を使った豆運び。

はじめて使うお箸に、
最初ぎこちなかったみんなですが、
日本人学校の生徒さん、先生方にみてもらい、
結構上手に扱うことができていて、びっくり。

グループに分かれて競争。
楽しそうでした♪


Dsc_0369

ラスミナス小学校のフロリンダ校長先生のお礼の言葉。

子どもたちにとって、
とても素敵な経験だったようです。


次回はグアテマラの説明を、
ラスミナス小学校の子どもたちもしたい。といってくれました。


Dsc_0378

学校にプレゼントしてくださった
サッカーボール&バスケットボールを使い楽しみました。


サッカーが大好きな男の子たち。
ボールをみて大歓声!



2時間ほどの短い交流でしたが、
スペイン語が上手な生徒さんたちのリードのおかげもあり、
スムーズに進んだ学校交流。


子どもたちにとり
とても貴重な時間となりました。


同年代の違う国の子どもさんと知り合う。
触れあうことはもちろんのこと、

自分たちを支援をしてくれている皆さんがいる
日本の文化を知る大切な機会になったようです。


こんな素敵な輪を広げていけたら嬉しいです。


日本人学校の皆さん、ラスミナス小学校の先生方
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

できることは少しずつ・・・。

青い空の会で支援する子どもたちは、
小学校の子どもなのですが、
それ以外も子どもたちの保護者から
相談されることがあります。

サンホセチャカヤ小学校で支援している
子どものお母さんから相談され
今回こんなものも持ってきました。

Dsc_0135

Dsc_0133


赤ちゃんの下着や服です。


ご存知のように子だくさんのグアテマラ。
父親の稼ぎで10人近くが暮らす家族も多く、
そうなると食べることだけで精一杯という状況。

1日Q60の収入は日本円で974円。
オーナーがいればこの金額をもらえますが、
自作になると売れたらなにがしか収入が入る状態です。


そうなると食べるのもぎりぎりになり、
他のことは二の次になります。

残念ながら、青い空の会で支援している子どもたちは
このような状況に多く置かれてます。


お母さんに頼まれ、
(カクチケル語だったので先生が約してくれました)
今回日本から持参しました。


グアテマラと日本がもう少し近かったら、
郵送するのもむずかしくないのですが、
送料だけで高額になります。

そのため、グアテマラへ戻る白石のトランクにいれ
持ってきました。


時間を見つけ、
家にいってお母さんに渡してきます。

またご報告します!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧