ソロラでの活動報告

2019年10月21日 (月)

最後の贈り物

おかげさまで10月はじめでグアテマラの学校無事終了しました。11、12月と2ヶ月のバケーションとなります。



最後の贈り物をしてきました。
1年間の支援金は5000円と決まっているのですが、学校によって購入するものが違います。


予算が残っていた学校の子どもたちに渡して来ました。




Img_1160

Img_1161

Img_1162-2

 

傘とカッパ。

女の子には傘。男の子にも傘を買いたかったのですが、予算が足りず、カッパとタオルになりました。


中国製が出回っているのですが、こちらはグアテマラ国内で作っているもの。中国製より値段はしてしまうのですが、しっかりとしていて長持ちしてくれるのです。

 


Img_1205


渡した傘をさしてくれています。
この後もずっと大事そうに抱えていました。

本当に嬉しそうで、渡した私のほうが大きな感動をさせてもらいました✨



子どもたちは通常傘やカッパを持っていません。

年の半分が雨季で、スコールのように強い雨が降るのですが、ソロラの子どもたちは、雨が降るとナイロンといわれるビニールをかぶって雨を避けます。
そのため濡れてしまうことが多く、雨の季節になると体調を崩す子たちが多いのです。

(卒業生の中に、雨に濡れたのがもとで亡くなってしまった子がいます)


5年ほど前までは傘かカッパを送っていたのですが、予算が足りなくなることが多く、ここ数年は送れていませんでした。




Img_1011

他の学年の子はユニフォームを買ったのですが、今年で卒業という子はその代わりに靴やジーンズなどのリクエスト。靴はグアテマラ市や、パナハッチェル。ジーンズはソロラの市場で探して揃えました。


 
Img_0880

残っているお金が少しの学校は、靴下。
みんなが少しでも喜んでくれるように、
安くて、可愛いの靴下を探してプレゼント✨

 



Img_1004


Img_1055  

女の子たちの欲しいものは靴かカーディガン✨


靴はグアテマラ市の方がいいものを安く購入できるのですが、カーディガンは首都部ではあまり着ないようで、ソロラの市場で購入。女の子たちが日常的に着ている伝統的な衣装には必需品なのです。



Img_1138

 

代表の白石から子どもたちへプレゼントを贈呈中。
(写真提供:近藤咲さん)

支援で購入したカーディガンを1年着ている子もいます。
標高が2000m以上あり、寒さも厳しいソロラ。

制服などがない学校の子どもへは、寒さを防ぐためにジャケットやスエットを送ろうかと思うのですが、女の子たちはカーディガンがいいそうなのです。



残っている金額が少なくてもなるべく希望のものを、
長持ちするものを、そしてほかの子と同じものにならないように。
工夫をこらしながら購入しています。

 

115人の子どもたちそれぞれへ支援が無事終わりました。
今年度もご支援本当にありがとうございました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

支援している子どもの家族への別の形の支援

支援しているOちゃんののお母さんに

「古着でいいので、いらなくなった洋服が欲しい」
と言われ、それ以来少しずつ古着の子供服をグアテマラへ持参しています。



Oちゃんは長女で、5人兄弟姉妹の長女。お父さんは片方見えないのですが、農業で家族を養っています。

以前彼女の兄弟は、生まれてすぐ栄養不足でなくなってしまいました。その後すぐ、双子の弟たちが生まれたのですが、食べるだけで精一杯で洋服など購入できないそうなのです。



Img_0071

Img_0072


おいっこ、めいっこが着なくなった洋服を選抜し持参しました。
小さめのものもあるのですが、グアテマラの子供たちは、日本の子どもよりサイズも小さいようです。

グアテマラでは古着を買うのは一般的。
安いものだとQ1(15円)ぐらいからあります。

町中にはたくさん古着やさんがあり、市場の日にも古着が山になっています。




おうちまではちょとあるので、学校訪問の際に持参すると、お母さんが取りに来てくれます。

この間会った時、

「どうもありがとう。とても助かってる」
と言ってくれました。

お母さんは、カクチケル語しか話さないので、先生が訳してくれました♪

 

Img_0074

友人や、観光でいらしたお客様が置いていってくださった洋服など。
こちらは大人用なので、ウエウエテナンゴの女の子たちへ届けることになっています。
(ソロラの女の子たちは民族衣装を着ていることが多く、パンツやスカートは履きません)



日本で、お子さんの着なくなった洋服をご寄付くださるという方もいらっしゃるのですが、現在グアテマラの郵便事情が悪いため、日本からの郵送ができず、白石のトランクに入れて持ち運ぶしかできません。


もう少し近かったら、
送料が安かったら、
送付する方法があったら、
と思うのですが、

今は様子を見ながら続けていけたらと思っています。




 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

寄付いただいた文房具届けました。

数年前ご寄付いただいたクーピーペンシル。
ウエウエテナンゴの小学校へ一部寄付。
残りを作業所のあるモンテメルセデス地域の図書館へ寄付しようと考えていました。



Img_1035


図書館へ直接寄付するより、地域の責任者たちへ渡し、彼らから図書館に持っいってもらったほうがいいと言われ、保存していたのですが、大家さんとの予定がなかなか合わず時間が経ってしまいました。


先日やっと寄付することができました。

大家さんの妹さんに付き合ってもらい、夜集会所で行われていた集会に持参しました。
(夜で暗すぎたので写真はとれず。また撮る雰囲気でもありませんでした。)



その後図書館の先生から連絡があり、支援したクービーペンシルが届いたとのこと。
先日訪ねて来ました。


Img_1221

図書館の様子。
支援しているモンテメルセデス小学校隣の、コミニティーの広場の一角にあります。




Img_1218

図書館の先生。
クーピーペンシル、ご寄付いただいた文房具や本と一緒に撮らせてもらいました。




Img_1257


この図書館は地域の図書館で、隣にあるモンテメルセデス小学校の子どもたちがスペイン語の時間に利用する以外にも、学校が終わった小学生、午後ある中学校の学生たちが調べ物や補修などをするために集まる場所なのです。


この地域に作業所を置いて活動しているため、何かできたらと、みなさんからご寄付いただいた文房具や本など届けさせていただいています。



Img_1033


こんな風に書いて寄付をしました。


ご寄付いただいた皆様本当にありがとうございました。

学校へ寄付してしまったりするほうが簡単ではあるのですが、使ってもらうのに一番良い状況だろうと思う場所へ届けています。

そのため時々時差が生じてしまうのですが、どうぞご理解ください。
これからもよろしくお願いします。



 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

お手紙届けています

支援者の方からお預かりしてるお手紙など届けています。
今年春のイベントでお会いした里親の方に撮らせていただいたお写真も一緒に届けました!

 

 Img_0919

日本語で書いていただいたものには、スペイン語訳をつけました。もちろんみんな読むことはできませんが、普段見ることのない日本語にふれ、楽しむことができます♪

また支援してくださる方のことを知るきっかけにもなります。



Img_1196

お預かりしたお手紙の贈呈♪
今年1年生になり、字が読めるようになってきたので、楽しみに読むそうです。



Img_0929_20190909080201

今年から支援を始めた子。
始めてのお手紙に嬉しそう♪



Img_1289_20190909080201

まだしっかりと字は読めないので、
お家でお姉ちゃんやお兄ちゃんに呼んでもらってね♪


その他の子たちにも届けています。
みなさまありがとうございます💕



手紙を書かないといけないの?
筆不精だからなかなか書けなくて。

と心配される方もいらっしゃいますが、
お手紙などは書いていただける方だけで大丈夫だと考えています。

ご支援いただいているだけでみんなにとって嬉しいこと💕
届けたいなと思った時に描いてくだされば十分です。


どうぞよろしくお願いします。















| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

ソロラのお祭りのパレード 続き

先日の続きで支援している学校のパレードの様子です♪

各学校工夫を凝らした出し物を披露しながら行進していきます。


Img_0189


サンイシドロ小学校。
昨年は、費用がかさむからという保護者会議の決定で、参加しませんでしたが、今年は参加!

先頭を行くのは6年生。
低学年から支援を続けている男の子もいます。


私ですら、あの小さかった彼がこんなに立派に!
と感慨深くなるのですから、家族の思いはどんなでしょうか。



Img_0193


ソロラの民族衣装に、昔ながらのおもちゃを持って行進。
女の子のサンダルは、トトニカパンけんのもので揃えたそうです。


太鼓、笛、ギター、ぐるぐる回して音を出すおもちゃ、
車、お人形などなど、懐かしいものがいっぱいでした。



Img_0199


学年ごとに違ったおもちゃを使いながら行進。
暑い中本気で楽しそうな子も♪

制服のないサンイシドロ小学校ですが、男の子もお揃いの衣装でとてもカッコよく、可愛かったです♪

 

 

Img_0169_20190811234601


ラファエルテジェス小学校。

今年新調したユニフォームを着て行進していました。
先頭を行く子ども達。
こちらにも支援をしていた子が。

見慣れた顔が見られるのは嬉しいものです♪

 

Img_0172


昨年スタートさせた鼓笛隊。
毎日猛練習を積み演奏。

みんな顔を真っ赤にしながらも熱演していました!

 

Img_0173


今年は踊りながら行進✨


上に下に、右に左に、
バテバテになりながらもリズム感いっぱいに踊っています。


結構踊れる子がクラスの前の方にいるようで、みんな引きずられて?踊っていました。




ヌエバエスペランサ小学校の子ども達の写真は撮れませんでしたが、
支援で購入させていただいたユニフォームを着て行進。


皆様のご支援ありがとうございました。


パレードのために購入した制服や、ユニフォーム、
民族衣装などは日常的に使えるものになります。

子ども達にとって8月のお祭りに新調して受け取れる嬉しいプレゼントになっています。


そしてソロラのお祭りの前後小学校はお休みになります。
また色々ご報告します。









 

    

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

ソロラのお祭りのパレード 

8月15日がソロラのお祭り。
前の週の5日からソロラの子どもたちが参加するパレードがありました。

 

ソロラ郊外の小学校。
ソロラ市内の幼稚園。
ソロラ市内の小学校。
ソロラ郊外の中高校。
ソロラ市内の中高校。

という感じでその日その日で別れ行進しました。
8時ぐらいから始まり、10時まで、12時までかかっていました。



Img_0228 

ソロラの中央公園前。
今年はカラフルな傘が飾られています✨

この下をみんな行進していきました。
ようちんの子どもたちはここがゴール地点でした。



Img_0211 

子どもたちのパレード。
学校の先頭は、学校の生を入れたプレートを持った子どもたち。

多くの場合は最終学年の子たちが務めます。
先頭を行くので緊張しつつも、誇らしげです。



Img_0212

そのあとグアテマラや学校の旗を持った子どもたち。

彼らはみんな優秀な成績をおさめた生徒たちで、
学校の代表とも言えます!

頑張った分ん嬉しいご褒美。
家族も揃ってみに来ています。


Img_0219  


Img_0217

そしてメインの子どもたちによる行進が続きます。


こちらはモンテメルセデス小学校。

男の子も今日は昔ながらの民族衣装。
揃いの衣装に身を包み、タコを背に!

女の子もお揃いのウイピルとコルテで。
ウイピル残念ながら織物ではないのですが、
長い髪の毛をリボンで結んだり、
とっても可愛かったです 💕



今年は民族衣装の子どもたちが多かった気がします。
各学校違った雰囲気で素敵でした。


次回に続きます。





| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

今年の最初の贈り物♪

今年度最初の支援はリュックを送りました。
日本にはランドセルがありますが、
グアテマラではリュックが一般的です。


Img_6310


グアテマラの市場では安価なものも売っています。
日本円で700円ぐらいからあるのですが、
半年も持たず壊れてしまうものがほとんど。

もちろんこの10倍ぐらい出せば
よいものが買え、長持ちするのですが、
支援をしている子どもたちの家庭では
その金額を出すことはできません。

青い空の会でもそこまで出せないので、
数年は持ちそうなものを選んで買っています。




Img_6326

学校ごとに分けて、
子どもたちの名前を♪

幼稚園、子どもたちにはキャラクターのリュックを、
選びました。



Img_6329

人数の多い学校では、
それぞれちがうリュックを持てるよう、工夫しています。

数が100個を超えてしまうので、首都グアテマラシティーの問屋さんで購入しています。



リュックを手にした子どもたちの嬉しそうな顔 💕


このリュックを背負って、
雨の日も風の日も、元気に通ってくれることを願って♪








 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

約束書の交換 〜サンホセチャカヤ小学校〜

今年も20名の子どもを支援させていただくことになったサンホセチャカヤ小学校。
ソロラから20分ほどのところにあるサンホセチャカヤ市にあります。

 

P1110657

校長室で作業中。

行った日がちょうど、政府から支給された備品が学校に届いた日だったらしく、それを各クラスに配付する準備に追われていました。

ほうき、ちりとり、ばけつ、石鹸、ペンや文房具などなどが所狭しと並べられる中でスタート!



子どもの写真を撮ったり、
今年使うためのリュック(この学校での最初の支援です)を渡したり、
来てくれた保護者にサインをしてもらったり。



P1110646


同行してくださったChihoさんからもみんなへ贈り物♪
可愛いバンダナをプレゼントしてもらいました。



嬉しそうな子どもたち。
ありがとうございました 💕



備品の仕分け作業が続き、先生が出たり入ったりとバタバタして落ち着かないサイン会でしたが、昨年度家庭の事情で来られなくなってしまった子どもたちが来てくれていたり、思いもかけない嬉しいこともありました 💕


また青い空の会つうしんでおしらせします。







 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

約束書の交換 〜モンテメルセデス小学校〜

今年は19名の子どもを支援することになった、モンテメルセデス小学校。
今日は8時30分集合です。


P1110788_1



アントニオ校長先生が、保護者と子どもたちに説明してくれています。


日本の支援者の方がいて、お金を手渡すのではなく、子どもが学校に来るための支援を
直接してくれる。

そのためにしっかりと学校へ来るように。
しっかりと学校へ送り出すように。

などしっかりと説明してくれていました。



P1110789


その後の約束書のサイン会は副校長先生(今年から新しくフランシスカ先生になりました)


カクチケルゴ(現地の言葉)も話せるので、スペイン語が得意ではないお母さんともしっかりとコミニケーションを取ってくれます。




P1110827


青い空の会との約束書にサインをしてくれるお母さん。
子どもをおぶって来てくれたお母さん。
若いお母さんは時のかける人が多いです!


この後、支援してくださる皆さんへ送る子どもたちの写真を撮り、プレゼントを渡しました。


学校を訪問するのは代表の白石一人なのですが、先生方が取り仕切ってくださるので、うまく回ります。
先生方に協力していただきながらのサイン会。


今年もよろしくお願いします♫










|

2019年3月18日 (月)

約束書の交換 〜ラファエルテジェス小学校〜

青い空の会が始まった時から活動させていただいてるラファエルテジェス小学校。今年は少し増え20名の子供を支援させていただけることになりました。

Img_6384


今年から校長になったサントス先生(左)と保護者たち。

大多数はお母さんたちです。
順番に約束書にサインをしていきます。

Img_4336


お母さんたちはカクチケル語を話すので、
先生の説明もカクチケル語で。

私のスペイン語もわかってくれるお母さんたちもいて、
ちょっとしたことで笑いがおこり・・・♪

先生との関係、保護者との関係、支援させていただいているそれぞれの学校で全くことなります。

難しいところもありますが、
支援する子どもたちのことを考え、
それに、協力してくだささる先生方に感謝する。

その気持ちがなにより大切だと考え活動しています。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧