ソロラでの活動報告

2021年12月13日 (月)

子どもたちへ届けました♪

先日こちらブログでもご報告した今年度最後の支援。

学校の先生方から子どもたちに渡してもらいました。


257690348_574026950327068_14486436489303

子どもが、学校に来られた場合は子どもたちへ直接、
そうでないときは、保護者へ。


257777352_298877565423818_57696084515602


ブログでは保護者が受け取ってくださった写真をご紹介をしています。


メンバーの皆様にお送りする
次回の青い空つうしんでは、子どもたちの様子もご報告させていただきます。


子どもたちの驚いた顔に
こちらも顔がほころび。

保護者のありがとうの言葉に、
よかった都胸をなでおろす。

色々ありすぎた2021年ですが、
どうにか無事に終われそうです。

今回もお忙しい中、
ご協力いただいた先生方に感謝です✨

 




| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

ソロラの子どもたちへの支援♪

先日のブログでもご報告したのですが、
最後の支援子どもたちへ✨

 


まずは支援する各学校へ届けました。
ソロラ市に6校。
ウエウエテナンゴ県のバリージャスに1校。

遠方のウエウエテナンゴへは、
国内宅急便で。

 

Fullsizeoutput_2cdb

 

257665149_922317858722793_70597123561081

 

ちゃんと受け取ったよ。
のサインとともに写真も。

校長先生、
担当の先生も一緒に。


その後保護者に連絡し、
受け取りに来てもらいます。

 

 

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

子どもたちの手へ♪

コロナの関係で、
11月末まであるはずだった学校ですが、

11月はじめ、
「来週には終わるよ」
と先生の一人から連絡が。

10月末から
最終的な支援の手配をしていたところだったのですが、
このままでは間に合わないと、

急遽進めました。

258423710_944568432823010_83544776440201

258859409_380341727201013_63535249752047

レスポンスの早い、
モンテメルセデス小学校のアントニオ校長に依頼し、

最後の贈り物を
子どもたちの手に✨

 

また、ブログでおしらせします。
詳しくは、メンバーの方へお届けしている
青い空つうしんでご報告させていただきます。


 

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

グアテマラの頼もしい助っ人の皆さん!

今年度の支援は、グアテマラの小学校の先生がた、コンチャ先生、ホルヘさん、ウイリアムさんにお世話になっているのですが、現在グアテマラにいらっしゃる近藤さんにも協力いただいています。



4d5b79af1a304b73ab362abc15c2ff64


日本の支援者の方が楽しみにしてらっしゃる子どもたちの写真を撮ってくださいました。

自宅学習が続く中、子どもたちが学校へ来る時に足を運んでいただき撮ってくださったのです。(8月)

それが素敵な写真ばかり。


近藤さんの人柄が、はじめて会う子どもたちにも伝わるんだろうなぁと。

写真を見ながら思いました。

 


ご協力本当にありがとうございました。

今はアティトラン湖の向こう側、
サンティアゴアティトランで活動されています。
またソロラにもきてくださいね。



⚫︎近藤さんの簡単プロフィール

青年海外協力隊員としてグアテマラに2年間赴任。赴任中、貧困から学業の道が閉ざされてしまう子どもたちの窮状を知る。
国後、グアテマラの子どもが社会の未来へつながる教育奨学金制度の構築を目指し、日本の小学校の教員を退職。
その後、グアテマラへ再び渡り、目指す奨学金制度を構築する活動をスタート。


⚫︎近藤さんのグアテマラでの活動は
こちらのブログから見ていただけます。



| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

グアテマラの頼もしい助っ人の皆さん!

支援の約束書の受け渡しと同時に、
今年最初の支援をスタートしました。

通常であれば、約束書が全て揃ってから支援をスタートするのですが、自宅学習で学校が閉鎖状況であるたため、月1回保護者が学校へ来る機会を利用しました。


学校ごと、子どもごとに支援を変えていましたが、今年はそうもいかず、同じものを送っています。


ウイリアム・フエンテさんにお願いし、商品の購入、仕分け、先生方と連絡を取り学校へ届けてもらいました。


Img_2348_20210918182501

ウイリアムさんは、グアテマラへ支援者の方が訪ねてくださる時などに、お願いしているドライバーさんで、学校の先生方とも顔見知りです。

 

ご家族が、スーパーマーケットに勤めていることもあり、協力いただき手配をしてくださいます。自分の家を荷物いっぱいにし、家族葬でで袋詰めもしてくださったそうです。


ウイリアムさん。ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

グアテマラの頼もしい助っ人の皆さん!

前回のブログでご紹介したコンチャ先生から、

書類を受け取り、先生方と連絡を取り、学校への届け、回収をお願いしたホルヘ・アレハンドロさん。



241265408_380008173715745_48581872594682

知りあった時には幼稚園もあがっていなかったのですが、現在は国立大学で電気工学を学んでいます。
教師養成高校へ通っていたため、小学校で、臨時教員をしていたこともありました。

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID)の影響で大学がリモート授業のため、時間が作れるとのことで依頼。

書類などの受け渡しは通常でも、1〜2回の連絡では拉致があかず、一度の作業に数回の連絡、学校への訪問が必要となります。コロナ禍の現在は今まで以上だったようです。

 

Img_2395



集めてくれた書類。

日本へ送付してもらいます。
ホルヘさん。ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

グアテマラの頼もしい助っ人の皆さん!

2004年、青い空の会がスタートし17年。
現地スタッフである代表の白石がグアテマラで全ての活動を担っておりましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、現在日本に滞在しております。


そのため今年度の活動は、多くの方に手助けしていただき進めています。


はじめてのことで戸惑うことも多いのですが、協力いただいている皆さんのおかげで、子どもたちへ支援が届けられています。

ご協力いただいる方を少しずつご紹介。


240253774_221343633153977_90779351845992


コンチャ元校長先生。


日本から国際宅急便で送付している、青い空の会の書類、
グアグアプロジェクトの商品の受け渡しをお願いしています。


通常、書類は白石がグアテマラで制作、
プロジェクトの材料はグアテマラで購入、
書類や商品は、白石が日本へ持ち帰っていたため、
国際宅急便を使ったことがありませんでした。


子どもたちの通う学校や、住所のないコミニティーの家へ荷物を届けるのは難しいため、コンチャ先生に受け渡しをお願いしました。


青い空の会の支援活動を始めたきっかけとなった学校の校長を長らく務められ、現在は、心理学の博士号を持たれ、病院などでお仕事されています。教育熱心で、生徒や保護者の信頼も厚く、いろいろなことを相談させていただきました。


大切な
切な書類なので信頼できる人を通したかったためお願いしました。ご協力心より感謝しています。




 

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

子どもたちへの支援を保護者へ

先日のブログでもご報告させていただいた
最初の支援。

学校へは7月中旬に届けてもらいました。
その後各学校のペースで保護者へ渡してもらっています。


213684245_112952667623436_35717525119176

支援する子供、保護者と担任の先生。

Whatsapp-image-20210720-at-074149

保護者と校長先生。

 

みんな喜んでいます。
と先生からのメッセージも届いています。

7月には、ソロラ周辺も危険度が赤レベルとなり、
人々の集まりが禁止されているそうです。


なかなか学校へ来られない子どもたち。
自宅での学習が少しでも楽しいものになるような支援を
続けて行けたらと思っています。


詳しいことは、メンバーの方に送らせていただいている
青い空つうしんでご報告させていただきます。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月19日 (月)

子どもたちへの支援を届けました。

グアテマラは、新型コロナウイルス感染症の影響で、
いまだに自宅学習が続いています。

そのためなかなか進まない支援活動ですが、

以前ご報告した、
約束書、こどもからの里親さんへの手紙
が集まった学校へ学用品など届けました。


96db69e7c5b747e7805f0ef32465d7ab

 

今回も、教育省からの支援物資の中には入っていない牛乳。
手洗いのための液体石鹸。

文具として、課題を保管するファイル。
カラーマジックなど。

を送りました。


子どもたちは学校に来られないため、
月に一度、教育省から配布される食料を取りに来る
保護者へ渡してもらうことになっています。


青い空の会のメンバーの皆様には、
青い空つうしんで詳しくご報告させていただきます。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

コロナ禍の支援のスタート

いつもはグアテマラで準備する支援の約束書ですが、
今年度は日本から送りました。


Img_0176


支援する子どもたちの保護者、通う学校の校長、支援する青い空の会の、3者がサインする用紙。


日本で準備をしてサインするだけにし、送りました。
毎年同じことをしているのですが、なぜか抜けてしまうところあります。今回は自分でチェックできない分、記入して欲しいところ全てマーカーをつけました。



Img_0178


支援している7学校ごとにファイルに入れ、支援している子どものリストと一緒にいれました。


現在グアテマラは郵便局がうまく機能していなため、国際宅急便でおくりました。コロナ禍で通常どうりの到着とはならないため、10〜20日ほどということでした。



E3433be03ed346bb9006f8846cc3632d-2  

グアテマラに無事着いたよとおしらせ!
1週間かからず着きました。

 

青い空の会発足当時からお世話になっているコンチャ元校長先生に送らせてもらい、その後今回学校とのコーディネートをお願いしたホルヘさんに取りに行ってもらいまいました。

その後は先生方と連絡を取り学校へ、現在は先生方に保護者のサインを依頼しています。


皆さんの協力で進んでいるグアテマラの支援。いつも以上にゆっくりですが、着実に進んでいきたいと思っています。

 

 

*コロナ禍の中の子どもたちの写真など、先生方から送っていただいているものもあるのですが、インスタグラムやブログには出しておりません。ご支援いただいている皆さまへ送らせていただいている「青い空つうしん」では一部。ご報告を兼ね掲載させていただいております。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧