« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

2018年6月18日 (月)

青い空の会のチャリティー販売していただきました

5月末に、東京と大阪で青い空の会の紹介&チャリティー販売をしていただきました。


◆5月22〜27日
大阪 茨木市 町屋カフェにて
かんまききよみさん「メロンパン」絵本原画展にて。

33092230_1328474670629571_164186791


グアテマラを訪ねてくださったこともある上牧さん。
グアテマラの子どもをテーマに絵本を書かれたことも。

絵本の読み聞かせ、
コンサートなどもされたそうです。



◆5月25〜30日

東京 八王子

ジュエリー作家の吉田りえさんの企画展

~Simpatica  Plus Exhibition~

「マヤの国からの贈りもの」


Img_0325


やはり青い空の会で子どもの支援をしてくださっている吉田りえさん。

吉田さんが創るられるシルバージュエリー、
お母様が大切にされてらしたメキシコの物の数々、

そして青い空の会の紹介と
グアグアプロジェクト商品の展示販売を。


ありがとうございました💕
売り上げは、グアテマラの子どもたち、 女の子たち、女性たちへの支援活動に役立たせていただきます。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

協力隊を育てる会・通常総会講演会にて

ブログでもお知らせさせていただいた、協力隊を育てる会通常総会講演会講演させていただきました。



「日本外交における青年感慨協力隊の意義と還元の形」
が今年のテーマ。

五百旗頭先生のお話は、難しいことを話されているのに、例えを出してくださるので理解しやすく、あっという間の1時間でした。

そして「持続する情熱 協力隊OBOGが語る還元の形」が私たちの公演のテーマでした。

OBの斎藤さんも大学で推してらっしゃるとだけあり、お話しがうまく、引き込まれてしまいました。

Img_5750


私は、グアグアタルヘタのこと、協力隊時代のこと、青い空の会が始まった経緯、グアグアプロジェクトのこと。などお話しさせていただきました。



Img_5753


今回、話すことの難しさを痛感。
そして、話すことの大切さも感じました。

これからは、日本語で話すことも自分たちの活動の中に取り組んでいかなくてはいけないと思わされました。



Img_5758


会場では、グアグアタルヘタを始めとした
フェアトレード商品を販売させていただきました。
(国内スタッフの山内とお手伝いいただいた会員の三村さん)


五百旗頭先生から、講師・交通費代全てご寄付いただきました。ありがとうございます。心より感謝申し上げます。


最後になりましたが、講演の機会をくださった 協力隊を育てる会にお礼申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

ウエウエテナンゴでの支援活動③

2回ほど書かせていただいたヌカ小学校のこと。
もう一つ素敵なことを。

サイン会も終わり、子どもたちの写真撮影も終わったのですが、一人の子どものお母さんが残っていて、何か伝えたそうにされていました。

ここの人たちはカンホバル語(グアテマラの現地の言葉)を話すので、私にはわからず。

一緒にいたアントニオ先生に聞くと、
私に渡したいものがあるというのです。

P1110211_2


黒いビニール袋でした。
(白石・左側 が持っている袋です)


予想もしていなかったのでびっくり。
ずっしりと重いビニール袋。

開けさせてもらいました。

Dsc_4017


袋いっぱいの大豆。
家で採れたものを持ってきてくれたそうです。

支援をしてくれる感謝の気持ちだそうです。


けして豊かではない中での気持ちが本当に嬉しくて、
私の方が感謝の気持ちでいっぱいになりました。


一緒に写っているのはヌカ小学校出身のアントニオ先生。
ソロラの先生なのですが、彼の紹介でここを支援することになりました。 

今回どうしても訪問したいということで、 ソロラの学校を1日休み深夜バスでやってきてくれました。


アントニオ先生が言っていました。

こんなに感謝してくれる人たちがソロラにいるだろうか。
ソロラは支援慣れしている部分がある。
ここの人たちは支援を知らない。

色々ことを考えさせられる、ヌカ小学校訪問でした。



 

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ