« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月29日 (月)

ウエウエテナンゴの支援に関して 

2004年の発足以来青い空の会の支援は、
グアテマラのソロラ県で展開してきました。

代表の白石が16年住んでいる場所でもあり、
知り合いの信頼できる先生方も多い。

グアテマラの中でも算数を始め
学習能力が低い県でもありました。


それが昨今変わってきていると
感じています。


アメリカの出稼ぎ者の影響も大きく、
経済が動いているとでもいうのでしょうか。


スーパー、電気量販店、銀行なども増え、
家も近代的な作りになってきました。


すべてが変わったわけではありませんが、
以前より良くなっていると思えるのです。

その分経済格差も生んでいるのですが…。


そんな中、支援しているソロラの小学校の先生から
自分の出身地ウエウエテナンゴのヌカというコミニティーの小学校を紹介されました。






ソロラも貧しいのは確かだが、
ヌカはそれ以上に貧しい。

ソロラにはいくつも支援があるが、
ヌカには入っていない。


先生に何度も話をされ、
自分でも以前仕事で訪ねた場所でもあるため、
それは現実味を帯びていました。


今回、青空の会のメンバーの方で、
ソロラの子どもたちとともに支援してくださる方がおり
始めることになりました。



Nuca_2

山の上がヌカ。

ソロラからは13時間。
ウエウエテナンゴからは8時間。


このあたりはカンホバル族の人々が住んでおり、
ソロラとは全くちがう状況がありました。

少しずつご紹介していきたいと思います。

|

2017年5月22日 (月)

約束書・写真の発送のお知らせ

ご支援いただいている皆さまに、

青い空の会つうしん
子どもたちの年度始めの写真。
支援の約束書のコピー。
日本語訳。

送付させていただきました.



Photo_2


今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

青い空の会スタッフ

|

2017年5月15日 (月)

グアテマラを訪ねてみませんか?

青い空の会を支援してくださっている皆さまはもちろん♪
グアテマラに興味のある方♪
グアテマラソロラへいらっしゃいませんか?


マヤの遺跡が見たい!
コーヒーの産地を訪ねたい!
織物をしたい!
刺繍に興味がある!

そしてそれが、その国に、
その国の人たちに寄り添った旅だったら
もっと嬉しい。


Photo_3

青い空の会代表の白石(中央)と支援している小学校の子どもたち

8月15日は青い空の会の活動している
ソロラのお祭りです。


前の週には様々なイベントがあり、
一番の目玉は子どもたちのパレードで、
支援している学校の子どもたちの晴れ舞台✨


普段は見ることのできない素敵なことが盛りだくさん♪



学校で子どもたちと過ごしていただいたり、
子どもたちの家を訪ね触れあっていただけたり、
作業所で女の子と民芸品作りをしていただいたり、
お母さんたちと一緒にグアテマラ料理をしたりと、


青い空の会だからこそできることも
たくさんあります。


代表の白石も一時帰国し、
再度7月の10日の週に、日本からグアテマラへ戻ります。


それにあわせていただいても
(飛行機がとれるか分かりませんが)
グアテマラでお待ちすることもできます!

代表の白石はグアテマラ観光省の認定観光ガイドです。
こちらをご覧ください)

ツアーではないため、
飛行機などご自分で手配していただかないといけませんが、
旅行会社や航空会社のインタネットでも
購入できます。


一人旅で訪ねていただいてもいゐのですが、
人数が集まれば、グアテマラ国内の交通費なども安くなり、
普段は訪ねられない場所にも行けるという特典があるのです,


ご希望・お問合せなどござましたら
メールでお気軽にお問合せ下さい。

|

2017年5月 8日 (月)

在日グアテマラ大使館訪問

少し前の話になってしまいますが、
グアテマラへ戻る前、大使に声をかけていただき
グアテマラ大使館へご挨拶へ行くことができました。


初めてお会いしたのですが、
いろいろな話を聞いてくださいました。


『青い空の会』の成り立ちや現状。
活動の内容や、今後のことなど。

領事もご一緒してくださり、お話しすることができました。



Photo

アンヘラ・チャベス大使(左) エバ・フィゲロア領事(右) 白石(中央)


女の子たちとの生活自立支援プロジェクトや
コナルファ(識字教育プログラム)との活動のことも
説明させていただき、持参した女の子たちの作ったカード、
褒めていただきました。


自分たちの小さな活動に目をかけていただけたこと。
心から感謝します。

大きなNGO,NPOの様には上手くいかず、
壁にぶつかることも多い活動ですが、

一国の代表の方たちに
話を聞いていただける嬉しさ。
頑張ろうという気持ちになります。


お忙しいところ本当にありがとうございました。

|

2017年5月 1日 (月)

2017年の支援~サンホセチャカヤ小学校~

支援を始めて5年目になるサンホセチャカヤ小学校。

昨年は23名の子どもを支援。
今年は20名の支援になります。



P1090118


約束書のサイン。
エルビア校長先生のサイン。


校長先生と右の子どもの来ているのが、
学校のユニフォーム。

支援している子どもたちは、
昨年の購入させていただきました。



P1090316



子どもたちの支援を相談中。

一緒にいるのは支援しているJ君。
持っている靴は長靴かこの運動靴なのだそう。


ユニフォームはあるの?
に「うん」と言っていたのですが、
彼がはいている破けたズボンがこれです。


「ズボンはまだはけるから靴がいいわよ」
「いつも長靴なのよ」

校長先生や担任の先生が
意見を出してくれます。



休み時間に行っているわけでなないのに、
なぜか校長室に人が多いチャカヤ小学校。


最初こそ戸惑いましたが、
今は慣れてきたのでしょうか、
先生方もいろいろと話してくれるようになりました。



靴を買う際、彼の姿をと思い浮かべ、
手にとった時の彼の喜ぶだろう顔を想像しながら、
購入しました。


子どもたちの顔を知るだけではなく、
日常の姿を知ることで、
支援が奥深いものになるのではないかと感じます。


一つ一つの出来事が、
大切な青い空の会の支援の行く先です。


支援の裏側のエピソード。
少しずつお話しできたらと思います。




|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »