« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月17日 (月)

2017年の支援~ヌエバエスペランサ小学校~

昨年から支援を始めた
ヌエバエスペランサ小学校

昨年は5名。
今年は7名の子どもを支援させていただきます。


Dsc_0373


集まった保護者に説明をしてくれている
カティー校長先生。

太平洋岸の出身の先生なので、
支援している他のソロラの学校の先生と雰囲気が違います。

カクチケル語(現地の言葉)しか話さない保護者には、
他の先生が対応してくれます。



Dsc_0371


保護者による約束書のサイン。

2年目なので説明することも多いのですが、
少人数なのでスムーズに進みました。

弟妹を背負ってくるお母さんが多いのは、
どこの学校でも一緒です。



Dsc_0368


去年お父さんが来てくれていたK君。
今年はお母さんが来てくれました。

子どもたちだけではなく、
保護者とも顔と顔を見合わせることのできる
貴重な機会です。




本当は昨年同様5名の子どもを支援する予定だったのですが、
訳があり2名増えました。

また青い空の会つうしんなどでご報告します。

|

2017年4月 3日 (月)

2017年の支援~サンイシドロ小学校~

いつも子どもたちが可愛い笑顔で迎えてくれるサンイシドロ小学校。

支援を始めて10年たちます。
今年は23名の子どもを支援.。


S


約束書のサイン。

保護者によるサイン。
多くの人が拇印。
字の書けない人が多いのがソロラです。


S2


校長先生によるサイン。

今年度は先生が一人増え、
校長先生の仕事だけすることになったということです。

学級担任をしながらの校長先生の仕事は
大変だったので、よかったです。


S3


校長先生が説明をしてくれています。

お母さんたちはみな、カクチケル語(現地の言葉)を使い、
スペイン語は苦手なため、
カクチケル語で説明。


学校に子どもたちを送りだすこと。
子どもが宿題をきちんとできる環境を作ること。
しっかりと勉強をとれる手助けをすることなど。

サンイシドロ小学校でも無事スタートしています。
子どもたちのことまたブログでご報告していきます。

|

« 2017年3月 | トップページ