« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

試行錯誤中です!

青い空の会の事業のひとつである女の子たちの生活自立支援グアグアタルヘタの製作はそのメインとなるものです。

皆さんのおかげで順調に売れていますが、
残念ながらグリーティング・カードを送る習慣のない日本。
需要は少ない・・・。

張り切っている女の子たちと続けられるものは・・・?

みんなと一緒に出来るもの!
グアテマラの伝統を生かせるもの!
日本の方にも買っていただけるもの!

試行錯誤中ですあせる

P1110481_2

グアテマラの織物を手縫い!

P1110495

シュシュが出来ましたが・・・大きすぎました。

P1110491

織物は目が粗い。毎日使ってもほずれてこないようにしっかりと手縫いをしないと!

P1110499

手縫いでブックカバーも作ってみました。
文庫本サイズのノートを入れることもできます!

グアテマラの女の子たちは縫い物はしません。

ちゃんと縫えるかな?
どれくらいかかるかな?
作ったものが売れるかな?

グアテマラに戻って(白石)、新しいことがプラスできるようにと、毎日試行錯誤中です 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

グアテマラへの贈り物

グアテマラへ送るための荷造りをしています。

P1010106

荷造り用ビニールテープを巻いているのは、盗難防止策!

悲しいことですが、グアテマラの郵便局経由で送る荷物は、そこから何かが抜き取られています。税関の係官が荷物の検査をするのですが、その時に盗っているようです。


P1010109

ふくろに小分けし、それぞれに入っている品名と数を書き、リストも添付しました。船便なので、グアテマラへ着くまで3ヶ月ほどかかるそうです。


P1110437

リコーダ・カスタネットなども送っていただいています!

他の宅急便業者の国際宅急便だと、確実な上に1週間ほどで着くのですが、運賃は約5倍。

皆さんから送っていただく、リサイクル楽器、服、バック、靴など。今までは、日本からグアテマラへ戻る際、白石(代表&現地スタッフ)が運んでいたのですが、送っていただくものが増えた上、飛行機の荷物制限が厳しくなりっており、運びきれなくなってしまっているのです。

そのため、今後は年に2回。船便でですが送らせて頂こうと思っています。(グアテマラでは、半年に一人1回国際宅急便に税金がかからず受け取れます。それ以上だと、リサイクル品でもかけられます)

*ちなみに、ダンボールで送られてくるものが対照なので、A4パックぐらいの小包みにはかかりません。


皆さんのご好意をきちんと届けたい、苦肉の策が上の作業です・・・。

グアテマラへ届くと、税関を通った後郵便局本局(グアテマラ市)に保管。お知らせが私書箱(ソロラ)へ届くので、それを持って本局へ荷物を取りに行かなくてはなりません。これもまた一苦労なのですが、でも!!日本からのプレゼントを、子どもたち lovely 家族の人たちに渡したときの喜ぶ顔 happy02

がんばれてしまうのです!!

もう使わないけど・・・と思われるものがあればメールなどでご連絡下さい。品物に関しては、どうか受け取る人を想像し選んで頂くようお願いします。

3ヵ月後無事に届きますように!届いたらまたお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

国際ソロプチミスト中央静岡様にて講演

「顔が見える・声が届く支援を目指して

~青い空でつながっているグアテマラと日本~」

国際ソロプチミスト
中央静岡にてお話をさせて頂きました。

今年から、国際ソロプチミスト中央静岡の皆さまに、4人の女の子の支援をして頂いています。これがご縁で、今回静岡まで呼んで頂きました。


P1110405_2 

様々な業界で活躍されてらっしゃる皆さまに、お話を聞いて頂けたことをうれしく思っています。

講演とは程遠い話しになってしまいましたが、
支援して頂いている女の子たちが暮らすグアテマラのこと、

支援団体である青い空の会のこと、

そして私たちのことを、少し分かって頂けたのではないかと思っております。

お心遣いに感謝しております。

7月19日で、青い空の会も7年目に入りました。

心を引き締めて活動していくつもりです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

悲しいこと

昨日グアテマラのコンチャ校長先生からメールが届きました。

支援している子どものお母さんがなくなってしまった。先生たちがみんなでお葬式に行ったようで、その時の様子。子どもたちがあまりにも悲しむので見ていられなかった。彼らの家はとても貧しかった・・・と締めくくってありました。

Img_40791_4

メールを読んでびっくりしてしまいました。

グアテマラを出る前日、私はここにいたのです。
子どもたちと話して、お姉ちゃんの愚痴を聞いて、ママにも、「戻ってきたらまた来るね」と言って別れた。彼らのおうちは山のてっぺんにあるので、下の道を歩いて戻る私に、いつも、いつまでも手を振ってくれていたのです。

けれど、もう同じ場所にはけして戻れない。

ママが大好きだった子どもたちの悲しむ姿が、目に浮んできてしまいます。悲しみの中、けなげにがんばっているだろうおねえちゃんのことを思うと、やりきれなくなります。

何をすることもできないけれど、そばにいて子どもたちを、ただ抱きしめてあげたい。お姉ちゃんの悲しみを聞いてあげたいと、切実に思っています。

マヤの祈祷師でもあったママは、いろいろな人の相談にのっていました。

「お金は貰わないの?」

と聞いたことがあったのですが、

「交通費を欲しいと頼んだことがあったの。すると、その後怪我をして、しばらく寝たきりになってしまった。きっと神様が怒ったんだと思うのよ。人を癒すのに、お金を取ろうとした私がいけなかった、と反省して、それからは何も貰ってないわ。」

そういったママの言葉をよく覚えています。

あったかくて大きな笑顔でまわりの人々を癒し、大家族の中心、太陽だったママがいなくなってしまった。

10人兄弟姉妹のみんな。今後、子どもたちに起こりうることに対して、私たち「青い空の会」が出来ることは、本当に小さなことだと思いますが、ちゃんと見ていこうと思います。必要な時きちんと手を差し伸べられるよう、しっかりとみんなを見ていようと思っています。

誰もママの代わりにはなれない。

私たちはただ、みんなをずっと応援し続けるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

グアテマラから子どもたちの写真が届きました♪

5月末から6月あたまにかけて、グアテマラを襲った台風アガサ。

現在もその時の傷、被害と戦っている方はたくさんいます。

その際、多くの方から

「子どもたちは大丈夫?」

というご心配のメールを頂きました。

ソロラの子どもたちが心配!!

ソロラの学校は?先生たちは?みんなは?

通常皆様へご報告するはずの白石(現地スタッフ&代表)が、グアテマラから日本へ一時帰国中だった(現在も日本におります)ので、皆さんに安心していただけるよう、

「子どもたちの写真を送って!」

と先生方に頼んでから1ヶ月。

今日、届きました!!

Img_40651

なぜかみんな並んで手を振っている写真ではありますが・・・。(私は学校での普段の子どもたちの写真を頼んだつもりでした)

でもいいことにしようheart01

久々にみんなの顔を見て、うれしくて思わずにっこり(にったり?)してしまいました。

皆様、いろいろとご心配おかけしましたが、みんな元気のようです!! お心使い頂きありがとうございました。

そして、遠方からの私のメールを気にかけてくれ、写真を送ってくれた先生方に感謝です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

お手紙預かってきました♪

子どもたちから、支援者の皆さんへのお手紙

みんなが書いてる・描いてる様子は、前回このホームページでご紹介させ頂きましたが、しっかり預かってきましたheart04

子どもそれぞれ。いろんなお手紙になっています。

P1110135

家で書いてきてくれる子。おうちの人、兄弟姉妹と一緒に書いてくれる子。学校で先生と一緒に書いてくれる子。一人で黙々と書いてくれている子。

P1110138

個性豊かな絵&手紙になっています!

皆さんさんのご支援で買わせていただいた文房具通学用のかばんが、とってもお気に入りだという話だったり。(⇒安ければいいとは思わず、みんなにできるだけ長く大切に使ってもらえるよう。考えて購入させていただいています。)

ご支援で行くことのできた遠足でどんなことがあったか、ずーとずーと書いている手紙だったり。(⇒動物園で見た動物を一匹一匹報告してる子どもの手紙を訳しながら、本当に嬉しかったんだろうなぁと・・・と私の顔もほころんでしまうのです。)

P1100805_2

そしてこんな手紙も・・・。

こんにちは。あなたが健やかでありますようにお祈りしています。私は、あなたのご支援にとても感謝しています。
私は、あなたが私を誇りに思ってくださるように、毎日がんばって勉強しています。
神様があなたのお仕事を日々助けてくださいますように、願っています。
私は、あなたが大好きです。」

顔のほころんだ後は、思わず胸が締めつけられ・・・。

子どもたちは、じつは皆さんが思っている以上に、いろんなことが嬉しいんです。みんなの手紙からから、そんな気持ちが“あふれ出ている”と感じます。


グアテマラだけではなく、日本も世界も本当にいろいろなことがあり、世知辛い世の中ではありますが、ご支援いただいている子どもたち、純粋に育っています♪

7月半ばには、「青い空の会つうしん20号」と一緒にお手元にお届けしたいと思っています。どうぞもう少しお待ちください。

*このホームページに掲載した手紙&絵は、支援者方の承諾を得ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »