2020年9月14日 (月)

グアテマラのレファクション

グアテマラの公立学校では、レファクションという軽食が出されます。

以前こちらのブログにも書いたのですが、教育省(政府)から資金が出され、各学校で材料を購入し、子ども等へ。


1ヶ月一人当たり約Q65、日本円ですと約900円になります。


子ども等の栄養改善のために始めたとききました。
朝食べてこない、食べられない、食べても栄養が取れていない子どもが多くいます。


それぞれの学校で出されるものはちがい、担当の先生が限られた資金の中でやりくりされています。
曜日ごとに出すものを決めている学校が多いです。

 

学校訪問の際出ていたレファクションを少しご紹介します。

 

 

Img_4710

 

フリホーレスのパンとアトール。

フリホーレスはグアテマラの副食。インゲン豆を塩辛く煮たもの。日本のあんぱんのしょっぱい版でしょうか。アトールはトウモロコシなどで作られる栄養補助食品です。

 

 

Img_1223

 

トスターダのフリホーレスかけ、プラタノコシード、チョコラテコンレチェ。


トスタードは、グアテマラの主食トルティーヤを揚げたもの。それにフリホーレスをのせてたおやつの定番です。プラタノは料理用のバナナで、やはりグアテマラでよく食べられる食材です。これを茹でてあります。チョコラテコンレチェは、お米の甘い飲み物のチョコレート味です。

 

 

Img_1387

 

この日はお祝いがあったので少し豪華に、タマールとフランスパンです。

タマールは、葉っぱにトウモロコシの粉、トマト味の肉をつつんで茹でたもの。肉が入ったご馳走です。これをパンと一緒に食べます。

 

 

Img_4635

 

教室の様子。こんな風に配られます。

カップや、お皿、スプーンは子供達それぞれが持参します。自分たちで洗って管理しています。


学校に小さな調理室があり、PTAの役員の母親、学校によっては貧困家庭の母親が雇われてれファクションを作っています。


「これがあるから子どもたち学校に来るのよ」
「学校に来ている間は子どもたちの頬の血色がいいのよ。栄養がとれていえるからね。」

先生方から聞きます。


朝はトルティーヤとフリホーレス、お昼はそれに野菜やチーズがついたり、市場のある日は小魚やお肉が出ることもある(冷蔵庫がないため保存できません)夜も同じような食事が、農村部の日常です。


そんな中で子どもたちが楽しみにしているのがこのれファクションなのです。

コロナ禍の現在は、この費用で、食料などをまとめ購入。
数ヶ月一度保護者に配れてています。
少しブログでも触れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

グアテマラの子どもたち

なかなか書けないグアテマラの子どたちのことをこの機会に書かせていただこうと思います。

 

支援させていただいている子どもたちは、経済的に苦しく、学業を続けることが難しい家庭の子どもたちです。

支援があれば、続けられる。

青い空の会の支援では、保護者の100%のフォローをすることはできないのですが、
手助けになることができます。

けれど、支援をしていない子どもたちも同じような環境下にある。と感じます。

 



Img_5004

 

 

写真はラスミナス小学校で、先生と話しているときそばにいた男の子。


履いているジーンズはボロボロでした。
ほころびをでかがってはあるのですが、それ以上に破けていて、靴も穴があいていました。


女の子たちは民族衣装を着ていることも多いのですが、男の子たちは着ていません。
ジーンズにTシャツというのが一般的です。


市場ではジーンズであれば、700円、Tシャツは300円ぐらいから売っています。
古着を売る店も多く、この半額ほどで購入できます。

生活だけで精一杯の家庭が多いため、衣服にかける費用は最後になり、日本ではあまり見かけ毛ない、破れた服、穴のあいた靴で過ごす子どもたちがいるのです。

 

今回のコロナの状況の中で過ごす子どもたちに何が必要か先生方に聞いた際、農業が盛んなチャカヤ市の2校では、普段の食べ物はどうにかなるとのことで、洋服や靴との回答でした。


常春の地と言われているグアテマラですが、ソロラは標高が2000m以上あります。そのため、年末になると、寒く、風も強くなります。暖房などはなく、隙間風が入る家で暮らす子どもたちは体調を崩しがちです。そうなる前に何かアクションができたらと考えています。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

グアテマラの新型コロナウイルス感染症の現状 8月

グアテマラは現在も感染者が増えており、外出自粛状態が続いているそうですが、今後は、少しずつ経済活動をスタートしていく意向のようです。

 

全国の感染者は51.306名。
治った方は、38.416名。
死者は1.995名。

(8月2日現在)



グアテマラ空港は閉鎖中です。

また、日本の外務省の発表で、グアテマラは現在も危険レベル3(渡航は止めてください)。グアテマラの隣国中米も同様です。(外務省海外安全ホームページより)

 


青い空の会のメンバーにもなってくださっている、イツモトラベルの松本さんが現地情報を発信してくださっているので、ご覧下さい。

 

 

 

代表の白石は日本に戻っております。ソロラの先生方とインターネットを使いメッセージのやり取りをし、ソロラの様子、子どもたちの様子の報告をいただいています。現在のところ、支援している学校のソロラの子どもたち、家族でコロナウイルスに感染している方はいないそうです。


前回こちらのブログでも報告させていただいてますが、政府から食事補助の支給がされており、その際に、課題を出されています。


グアテマラでも一部リモート授業などを導入している場所もあるようですが、支援している学校では実施されておりません。



111721211_202900271156794_38578718894192


ウエウエテナンゴのヌカ小学校の様子。
食料配布と勉強課題の提出、配布時の様子。


8月はいつもですと、ソロラのお祭りに向けみんなが盛りあがっている時期です。子どもたも、お祭りのパレードにむけての練習に張り切っているはずです。今年は残念ながら、それもできなくなりました。


グアテマラの学校は、3月から休校が続いておりますが、今後のことはまだ分からず、再開が危ぶまれている状態と言われています。

 

 

外出が制限される中、先生方も子どもたちの現状を知るのは難しいそうです。私がグアテマラにいたとしても、アジア人ということでコロナウイルス発生の経緯による、人種差別と外国人嫌悪のため、農村部で活動続けるのはグアテマラ人の先生以上に難しいと思っております。


今回は、支援をしている家庭の子どもたちだけではなく、すべての子どもたちが同じ思いをしている。
そんなか何ができるのか。


できることを考えていきたいと思います。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

新型コロナウイルス感染症・グアテマラの現状 ②

前回グアテマラの現状に関して少しご報告させていただきました。今回はグアテマラ・ソロラの学校に関して少し書かせていただきます。

 

3月6日に発出されたグアテマラでは災害事態宣言(ESTADO DE CALAMIDAD PUBLICA)にともない、グアテマラの学校は3月16日により休校になっており、子どもたちは自宅におります。

すでに4ヶ月になりますが、その間に3回ほど、子どもたちへの食料配布をしたそうです。


学校があれば、毎日子どもたちに食事補助がされています。1日約2Q(日本円で30円)ほどだそうです。(後日書かせていただきます)


その費用を、まとめ食料を購入し、学校で保護者に配布。月約Q65(日本円で990円ほど)のため、それを数ヶ月まとめて購入、配布しているそうです。




Img_6270


ラファエルテジェス小学校の食料配布の様子。
左はサントス校長。

この際に、子どもたちへ課題を渡しているでそう。
日本の学校同様、子どもたちの学力の保持のための対策だそうです。

 

けれど、現状は厳しい。
とある学校の校長先生がおっしゃっていました。

学校で、先生が教えても理解するのが難しい田舎の子どもたちのとって、一人で課題に取り組むのは困難だそうです。


以前と違い、携帯電話、インターネット、SNSな度を、グアテマラでも多くの人がやっているため、情報はある程度人々に伝わります。そのため、この病気に対する恐怖もあるようです。


先が見えない。
この後はわからない。
なんとも言えない。

グアテマラの先生方たちの率直な意見です。
(先生方も、食料配布などがあるとき以外は自宅待機です)



今後感染者は増えていくだろう。という見方の方が多く、対応可能な病院はすでに、飽和状態で、新たな感染者は自宅療養となっているそうです。

 

紙上のご報告なってしまい申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。
またご報告させていただきます。



















 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

新型コロナウイルス感染症・グアテマラの現状

依然として新型コロナウイルス感染症(COVID-19 が猛威を振るっており、グアテマラの例外ではありません。


3月にこちらのブログで報告させていただいたのですが、残念なことに、その時点より悪化し、今だに先が見えない状態です。


感染者は18096人、亡くなった方は、773人となっています。
グアテマラの新聞_プレンサリブレ発表(6/30)



外務省によると現在グアテマラは、感染症記念情報レベルは3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)となっています。
(参考 外務省海外安全ホームページ



グアテマラの現状は、グアテマラ・日本大使館の発表によりますと以下になります。

 

【一部の県の県境を超える移動の禁止】
◆期 間
 29日(月)から7月13日(月)午前5時まで
◆内 容
 以下対象県の県境移動が完全に禁止されます。
◆越県禁止対象県
 〇ケツアルテナンゴ県
 〇エスクイントラ県
 〇グアテマラ県
 〇サカテペケス県
 ※サン・マルコス県,エル・プログレソ県の制限は解除されました。
◆例 外
 〇必要が認められる出勤(社員証などの携行が必要)
 〇医療保健関連車両などの緊急車両
 〇食糧・飲料・医薬品等の貨物
 〇デリバリー車両


【一般車両(Pナンバー)のナンバープレートによる車両通行制限】
◆期 間
 29日(月)から4日(土),6日(月)から11日(土)
◆内 容
 ナンバープレート数字3桁の末尾番号が偶数か奇数かによる通行制限
◆対 象
 〇ケツアルテナンゴ県
 〇エスクイントラ県
 〇グアテマラ県
 〇サカテペケス県
 ※サン・マルコス県,エル・プログレソ県の制限は解除されました。
◆規制要領
 〇偶 数(運行可能日)
 ※日にちの下一桁が偶数の日
  30日(火)・2日(木)・4日(土)・6日(月)・8日(水)・10日(金)
 〇奇 数(運行可能日)
 ※日にちの下一桁が奇数の日
  29日(月)・1日(水)・3日(金)・7日(月)・9日(木)・11日(土)
※5日(日)・12日(日)は完全な外出禁止
◆車両乗車可能人数
 各車両の通行証(Tarjeta de circulacion)に記載されている定員まで可


【外出禁止】
◆対 象
 グアテマラ全土(すべての県)
◆日 時
 〇29日(月)から4日(土),6日(月)から11日(土):午後6時から翌朝5時まで
 〇5日(日),12日(日):終日(土曜日午後6時から月曜日午前5時まで)

【注意事項】
◆外出時には必ずマスクを着用し,ソーシャル・ディスタンスを遵守してください。また,外出可能時間帯であっても,60歳以上の方,持病のある方,妊婦,乳児・幼児の外出は極力控えるよう発表されています。
◆上記のほか,これまで発表のあった措置(公共の場での飲酒禁止など)も引き続き有効です。
◆今後も政府の公式発表を注視するとともに,引き続き感染予防に努めて頂くようお願いします。

 

参照 外務省海外安全ホームページ・グアテマラ

 

支援をさせていただいている子どもたちは、3月より学校が休校となっており、自宅で過ごしております。
そちらに関しては、次回ご報告させていただきます。

 

*青い空の会代表である白石(グアテマラ在住)は日本に戻っており、グアテマラへ戻ることができない状態ですので、インターネットなどを使い、グアテマラの先生方と連絡を取り合っております。

 

 

 

| | コメント (0)

«ウエウエテナンゴの子どもたちへの支援