2017年11月16日 (木)

子どもたちからのお手紙♪

毎年子どもたちから里親さんへのお手紙。
グアテマラから届いています。


P1100676


みんなそれぞれ。
想いのこもった絵&メッセージ。

いつかグアテマラの子どもたちの絵を
たくさん展示して皆さんに見ていただきたいheart04

と思っています。


子どもたちのメッセージのスペイン語を日本語に訳し、
(其のままの方もいらっしゃいます♪)
子どもの写真と一緒に発送させていただきます。

もう少しお待ちください。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

学校も無事終了です

2017年度の学校もひとまず終わり、来年1月中旬までグアテマラの小学校はバケーションに入ります。


Dsc_0381


トウモロコシやインゲン豆、

コーヒーの収穫など。

農作業もたくさんあり、
ゆっくりしていられない子どもたちですが、

クリスマスや新年。
少しでも楽しんでくれますように。

願っています。


皆様のご支援感謝いたします。
ありがとうございました。




| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

ウエウエテナンゴへ行ってきました。続き

前回ウエウエテナンゴのヌカ小学校訪問のことを書きました。
今回もお家を訪ねたので少しご報告を。


Nuka3


廃材の木で作られた家。
隣にはお風呂になっているサウナ。
少しは慣れたところにはトイレがあります。


母と娘二人暮らし。

母親は頼まれ仕事を。
娘(18歳)は、仕事があると出かけていくということです。
現在下の娘さんを支援しています。


2


今日学校訪問をすることを聞き、
朝一番で、畑からハヤトウリをとってきてくれたそうです。

かまどで茹でたハヤトウリをお土産に頂きました。


そして、飲んでいってください
とふるまってくれたのは砂糖を入れたお湯でした。



今までいろいろな場所へ行きました。
ソロラの村々はもちろんのこと、
ガイドやコーディネートの仕事で山奥の村へ行ったこともあります。

でもそこで出されたものは、砂糖湯ではなかった・・・。


切り詰めた生活の中で、
遠くから来る支援者の人たちにと、
出してくれた、ハヤトウリと砂糖湯。


私にとって忘れることのできないご馳走になりました。


確かに、ソロラも貧しい。
けれどヌカには支援がないんだよ。
そしてもっと貧しいんだ。


支援を始めるきっかけになった
ソロラの大家さんがことあるごとに言います。



ソロラでこんな風に出迎えてもらうことはあるのか?
彼らは支援を当たり前と思ってないか?

ソロラの友人の言葉を思い出しました。


たとえ大きな支援でなくても。
できることがある。

支援をしてくれる人がいる
それが家族を支える何かになっている。


そんな風に感じました。


知らなかったグアテマラがまだまだあることを
思いしらさらたヌカ訪問でした。



| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

ウエウエウテナンゴへ行ってきました

今年度希望者の方を募り
始めたウエウエテナンゴの子どもたちの支援。

今年度は初めてということもあり、
年度末の訪問をしてきました。


ソロラから4時間ほどで、ウエウエテナンゴ県の県庁所在地
ウエウエテナンゴ市へ到着。

そこから5時間ほどで、支援している小学校のあるヌカ

Dsc_0683


山脈の中、平地利用して開かた場所にあるヌカ
奥に見える教会の手前がヌカ小学校です。

Nuka4


学校に到着。
休み時間だったため、子どもたちが校庭で遊んでいました。
(写真は下校時のもの)


「MITSUYO」
「JAPONESA(日本人)」

親し気に、子どもたちが声をかけてくれます。


前回訪ねた際、学校で開催してくれたセレモニーのおかげで、
私が日本人であること(通常グアテマラの人が東洋人を見るとチナ(中国人)と呼ばれます。その上名前まで覚えてくれていたのです♪


学校が支援に関して持ってくれている姿勢が、
子どもたちにも知らずと反映するのかな。
と嬉しくなりました。

P1100092


子どもたち、校長先生と一緒に。
(中央がシライシ)


今回みんなへのプレゼントは、
制服などはないため、学校へ着てこられる洋服を選びました。



今年は5人でしたが、
来年度はぜひ増やして欲しいとお願いされました。


支援は必要と感じます。
ただ遠いため、上手くやっていかないと支援倒れになります。


きちんと先生方を知り、
子どもたち、家族と話し、
私たちの支援の方法も知ってもらうこと
が大切と考えます。



ご支援いただく際は、
通常の5000円の支援費+ウエウエテナンゴへの交通費などを含めた諸経費も合わせていきたいと思っています。

つづく。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

とても嬉しかったこと♪

学校回りの合間、
のどが渇いて何か買おうと立ち寄ったお店で、
応対してくれた女の子に、

「あなたはMITSUYO?」

と問いかけられました。


どこかで見たことがあるけれど、
誰だったかなぁと思いながら眺めていると、

「私はあなたたちに支援してもらったのよ」
「商業高校を出て会計士の資格を取ったの。」


サンイシドロ小学校の卒業生だったのです。
その後頑張って勉強を続け、高校を卒業し、
資格も取ったそう。


彼女のキリリとした笑顔を見て
嬉しくなりました heart04


Photo


ソロラにあるアティトラン湖。グアテマラが誇る美しい湖。



毎年学校をやめてしまう子どもたちがいる。

勉強を続けてもらうために支援をしているのに、
役に立っているのだろうか。


支援していただく方に申し訳なくて
自分たちの力不足に、
マイナスを見てしまうことも
多い支援活動。


そんな時に出合った彼女の笑顔が、
心を照らしてくれました。


今の彼女の素敵な笑顔 shine
の小さな力になれたことを誇りに思えました。


ソロラの日常の出来事からのご報告でした。

| | コメント (0)

«お手紙書いています♪