2018年5月24日 (木)

5/30 白石が話をさせていただきます♪ ぜひ おいでください

いつもありがとうございます。
日本事務局からのお知らせです。


5/30 白石( 弊会代表 一時帰国中 )
協力隊を育てる会(一般社団法人 協力隊を育てる会) 様の

講演会にお招きいただき

会の活動について 話をさせていただくことになりましたshine


〔日時〕 2018年 5月 30日(水) 16:00~18:00 
       ★ 白石は 16:05~16:30 の予定

〔会場〕 日本青年館 (東京都新宿区)

参加費:無料/定員:100名(先着順)


当日は、会のグアグアプロジェクト製品chick
グアテマラコーヒー、手織物の品等の販売もいたします

五百旗頭 真(いおきべ まこと)氏/政治学者・歴史学者

佐藤 千歳(さとう ちとし)氏/岡崎市保健所職員・臨床検査技師・保健学博士
も講演されます。


ご都合がよろしければ ぜひ おいでくださいconfident


お申込は 協力隊を育てる会 様

 telephone 0120-918-380 (フリーダイヤル 平日9:30~17:45)
 mobilephone03-6265-3982 (携帯電話からの場合)

 

会事務局へmailaoisora_gj@yahoo.co.jp


詳しくはhttps://www.sojocv.or.jp/event/2018/43gm/

2018__1

2018__2

「2018.pdf」をダウンロード

サイトマップ お問い合わせ

皆様のお越しをお待ちしていますshine

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

ウエウエテナンゴでの支援活動②

前回書かせていただいたウエウエテナンゴ・ヌカでのサイン会の様子。


支援する子どもたちに会って、保護者と話して、先生方と交流ができる。
それだけで私は十分なのですが、今回も素敵な催しを準備していてくださいました。

P1110167


全校集会のようなもの。

学校の隣のコミニティーの広場に、全校生徒が集まってくれました。


マイノール校長先生のお話し。

「この世の中にはたくさんの人がいるけれど、誰かに手を差し伸べようとしてくれる心を持った人は本当に少ないんだよ。ありがたいことだね」

P1110181


生徒たちの出し物。

民族衣装をまとった踊り。
民族の歌。 
グアテマラで人気の歌。

など披露してくれました。


そしてもちろん私の挨拶も。
歌を聴きつつ、踊りを見つつ、考えました。


”ここにまたくることができて。
みんなの笑顔に会えてとても嬉しということ。 


日本は地球の反対側にある遠い国ですが、
みんなのことを応援しています。


日本で支援してくださっている人たちは、
ここに来るのは難しいけれど、
日本に戻ったら、今日のことを伝えます。

そして協力してくれる先生方に感謝します。 

ということを話しました。



青い空の下集まってくれた子どもたち、先生たちと共有できる時間。

ご支援いただいているみなさんにも一緒にいていただけたたら、 どんなに素敵だろう。

そう思いながらこの時間を満喫させていただきました。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

ウエウエテナンゴの支援活動

昨年から支援を始めさせていただいた

ウエウエテナンゴ県にあるヌカ少々学校。
(昨年のブログはこちらから)

今年も行ってきました。


昨年は支援はじめの年ということもあり、
年度始めと終わりに学校を訪ねたのですが、
ソロラから8時間かかるため、
今年の年度末はどうなるかわからず、
1年分の費用で購入しました。


Dsc_3859


リュック。文房具。靴。靴下。洋服。
今年は10名の子どもを支援させていただくため10名分です。  


P1110188


マイノール校長先生。
約束書に記載する、保護者の情報を記入してくれています。

その後保護者、学校、青い空の会がそれぞれサイン・または拇印を押し、子どもたちが学校へ通える環境を作るという約束をします。



子どもたち、保護者との時間を終えると、先生たちが素敵な催しを準備していてくださいました。また書かせていただきます。

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

ご寄付頂いた絵本渡しました

一通のメールをいただいたことをきっかけに、
素敵な贈り物がグアテマラへ。


モンゴルに住んでらっしゃるMARI MORITAさんの絵本です。
(以前こちらのブログでも少しご紹介させいてだきました)


日本に送っていただいたので、
一時帰国中の白石がグアテマラへ戻る際に持参。

そしてサンイシドロ小学校の図書館へ。


P1110123_2


校長先生へ贈呈。


P1110125_4


今年入学し、 教室のお友達に馴染めないず校長室にいる
女の子と一緒に絵本読みました。


カクチケル語(現地の言葉)しかわからないけれど、
絵から伝わる暖かさ分かってもらえたかな?



Dsc_4347_2



モンテメルセデスのコミニティーにある図書館へ。

私の現在住んでいるソロラ市モンテメルセデスにある、コミニティーの運営する図書館へ寄贈して来ました。

文学の時間を楽しんでいた、モンテメルセデス小学校の子どもたちと一緒に。
この絵本欲しい〜。
と絵本を抱っこしていた子も。


みんなでここに来た時に読もうね。
と図書館の先生(後方中央)に言われ納得!
日本語とモンゴル語の絵本ですが、
絵を見て、
文字を見て、
感じてもらえる何かがあるはず。


私の課題・時間を見てスペイン語に!



グアテマラの子どもたちにとって、
(先生方も!)未知の国モンゴル。
そこで描かれた優しい絵本。



グアテマラへしっかり届きました。
Mariさん本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

里親さんの里子ちゃん訪問♪

日本の里親さんがグアテマラの子どもを訪ねてくださいました。


学校のお休みの日だったため、お家へ。
学校を訪ねた際彼女に話し、家の人に了解を取ってもらっていました。


ソロラからミクロブスでチャカヤへ。

以前も伺ったのでなんとなく場所は覚えているけれど・・・。

と思ったら、降りた場所で、
お父さんが待っていてくれました。
道すがら、お父さんがどんな風に育ったか。
その時代の様子。
などなど お話ししながらお家へ。


家族総出で迎えてくれるので、いつも通りの大人数。
彼女の家族が、7人。その周りには、お母さんの両親。兄弟が住んでいて、その子供たちも集まってくれるので、大賑わい。

Dsc_3391


里親のMIHOさんと里子ちゃん。

MIHOさんは、グアテマラと日本をつなぐ仕事をされているので(マヤナッツ)スペイン語も話され、みんなと楽しくコミニケーションされていました。


初めて見たウイピル姿。
いつも学校ではジーンズ姿の彼女。


去年学校の独立記念日のパレードに来たソロラの衣装だそうです。


大工の仕事をがんばり,すこしずつお金を貯めて買ったんだと嬉しそうなお父さんでしたheart04


Dsc_3409


お父さん、お母さん、おばあちゃん、そして 親戚の子どもたちと一緒に shine


今年は6年生の彼女。
来年は卒業です。


しっかり者で、勉強家で、いつも級長さん。

下の兄弟姉妹がまだまだ続くので、
上の学校に上げるのは大変だけれど、

「彼女が中学校へいきたいといってるから頑張ってみるわ。』
とお父さんお母さんはといっていました。



私たちは、グアテマラの子どもたちを支援させてもらうことで、子どもたちを取り巻く色々人たちと知り合えることができる。

それは何より素敵なことなんだshine


とあらためて実感することができた時間でした。
MIHOさん貴重な時間本当にありがとうございました。


| | コメント (0)

«サンイシドロ小学校でのサイン会